獣医系大学等の教育における学生の学習到達度を判定するための共通の評価試験(共用試験)に関する事業を行います

NPO法人獣医系大学間獣医学教育支援機構 獣医学共用試験

課題/OSCE風景

vetOSCEの課題

 vetOSCEの課題は、1)臨床面接、2)小動物と3)産業動物に対する身体検査、さらに基本的な臨床手技から4)無菌操作あるいは皮膚縫合のいずれかを選択の4項目です。これらの試験を実施する4ステーションで1レーンを構成します。レーン数、ステーションの組み方などは、学生数、教員数、及び施設の態様に応じて各大学が判断します。

必修 選択
面接 身体検査1 身体検査2 無菌操作・皮膚縫合
犬の身体検査 牛の身体検査 ガウン装着
または皮膚縫合・結紮

面接、身体検査1、身体検査2は必須、無菌操作と皮膚縫合のどちらかを選択とします。

 臨床面接では、動物⇔飼い主⇔獣医師のコミュニケーションをとることの基本を試験します。チェック項目は、態度・服装、あいさつ、自己紹介、導入質問、基本的事項(飼い主との会話)等です。内容は、診察の流れに沿って1)診察室への呼び入れ、2)オープニング(あいさつ、自己紹介)、3)Open-ended question(クライアントに自由に話をしてもらいます)、4)Focused question(クライアントの話を受けて獣医師〔受験者〕が特定の質問)および5)クロージング(それまでの会話を要約してクライアントに確認)等です。身体検査Iでは犬(シミュレーター)を対象として、頭頸部、胸部および腹部について視診、触診、聴診等を用いた基本的な身体検査の手技ができるかどうかを問います。身体検査2では子牛(シミュレーター)を対象として、保定(ハンドリング)、体温測定、心臓の聴診、肺野の聴診等の基本的な身体検査の手技ができるかどうかを問います。 無菌操作・皮膚縫合ステーションでは、基本的な外科技術である滅菌ガウン装着または皮膚縫合を課します。

OSCE風景